ZAI official blog







京都 ZAI -さい- のオフィシャルブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Nの深海

みなさんこんばんは。

今日は「ライヤーゲーム」と「まっすぐな男」立て続けに2時間もドラマを見てしまいました(^ー^;ゞ
いやぁ~どちらも面白いドラマですね。
「ライヤーゲーム」はほんとなんて頭のいい人が書いてるんだと感心してしまいますし、
「まっすぐな男」は自分もあんな風であるべきだと勇気づけられます。

前者は嘘をついて騙し合い勝ち残るゲーム
後者は嘘を嫌いまっすぐ信じぬく話

どちらも“信じる強さ”と“信じる弱さ”がテーマになってますね。

みなさんは「99%の嘘」「1%の本当」どちらを信じますか?
僕が昔、親友に言われたことなんですけどね。
相手の言い訳が99%嘘のような話でも、
1%でも残されているなら信じてあげないとダメだって。

1%を信じて、真実が99%の嘘だったなら、
それは自分が傷つくだけだけど、
もし1%を信じることが出来なくて、真実が1%の本当だったなら、
相手がものすごく可愛そうだからってね。


僕も以前、「誰かのための嘘なんてものは・・・」的なブログ(こちら)を書いたことがあるわけですけど、
やはり上の意見にも賛同しているので、1%を信じるようにしています。

「キレイ事だ」って言われることは承知してますけどね。

なぜなら、その1%を信じるためにはどこか力づくで信じている部分があるからです。
99%嘘っぽい話だと感じている以上、その話に腑に落ちない自分がいるわけで、
残りの1%の光を意識的に見ようとしているわけですからね。

つまりその理論でいくと自分の正直な気持ちに嘘をついていることになり、
相手を傷つけないための嘘を自分自身についているということになるんですよね。

だから以前ブログで書いた「誰かのための嘘なんてものは・・・」という自分自身の文章と矛盾が生じてしまう。。

ピィ~ピピ~・・・

ピコ、、ピ~コン・・・

プシュゥ~


はい、僕の頭のコンピューターは煙を上げてショートです(笑)

こんな風に自己分析するとなかなか奥が深いですね。
実は自分の中にも小さな嘘がいっぱい潜んでいて、
そして矛盾がいっぱい生まれている。
だから人は葛藤したり悩んだりするのかもしれないですよね。

ちょっと深~いところまで来てしまいましたけど、
こんな風に僕の裏側を見せてしまったのは

「まっすぐなミュージシャン」でありたいからだ。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

(pヒロムq●ω●)さんっ♪>ありがとうございます。なかなか深いいでしょ?(笑)たまに深くに潜りすぎて上がって来れない時があります(笑)でもキレイ事はキレイ事で言えるぐらいの方がいいですよね(^^)←Oh深いい!
ところで(確かに似てる!)山ちゃん似の福永さんのリアクションめっちゃハマってます(^m^)

ラムタンさんっ♪>今も昔も・・・未来永劫、真面目ちゃんです!なんつって(笑)まぁ成長と呼べるものかどうかはわかりませんけど、深くまで考えるとまた新たな自分に出会えるものですね。
これがまた曲にいかされればいいかなと(^_^)ゞ

伊藤直輝 | URL | 2010年01月16日(Sat)01:12 [EDIT]


Nの深海

わー!真面目な事も言うんだー!てのが正直な感想です。最後は壊れてしまったけど、テレで・・・
最近何か思う所が、成長と共にあるのでしょうね。私たちファンにチラッとでも伝えてくれて嬉しいです。
馬鹿正直な(言い方が悪いかな)お二人だからこそ素敵な歌が生まれるのでしょうね!

ラムタン | URL | 2010年01月13日(Wed)23:01 [EDIT]


〇思考回路はショート寸前〇

お疲れ様デス。
深イイ~話ですね><

誰かを信じるッてのはホンマに難しいです。
信じきれないのは、やっぱり傷つくのが怖いからで…
自分の気持ちに“嘘”をつくのも、やっぱり傷つくのが怖いからで…
“嘘”ッて言うのは、自分を庇う為のモノなのかも知れないですね。
何が“真実”で何が“嘘”か解らない事も多いですが、自分の信じたモノが“真実”なのかなとか思っちゃったり。
キレイ事ですかなぁ。

あー
言いたい事がわけわかめ(笑)になってきました←いつもの事



とりあえず、“ライアーゲーム”の福永sanは、南海キャンディーズの山ちゃんにしか見えません←これが真実です(笑)

(pヒロムq●ω●) | URL | 2010年01月13日(Wed)03:03 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。